スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二百四十回 ブラニー・スール・ド・ダーヌ 1999 ルフレーヴ

ブラニー・スール・ド・ダーヌ 1999 ルフレーヴ
/Blagny Sous le Dos d`Ane 1999 Leflaive
ブルゴーニュ ブラニー/Bourgogne Blagny

この日の最後のワインも変化球となりました。
それも単なる変化球ではなく、消える魔球です。

ブラニーとは結構聞き及びのない村の名前だと
思います。というのも、この村で作られる白は、
北側ではムルソー、南側ではピュリニーという
アペラシオンを名乗れるため、ブラニーという
名前を見られるのは、赤ワインのみ!

そして、ルフレーヴがこの地で作っていた赤も
2001年で姿を消し、今はシャルドネ・ムルソー
としてリリースされているのです。

つまり、このブラニー by ルフレーヴは今は
無き幻のワインと言っても過言ではないのです!

ということで、味わいに関しては、ずっしり重く、
一飲、熟成したボルドーやローヌと間違えても
おかしくはないかもという一本。

但し、じっくり味わっていく中で見いだせる、
近づきやすい味わいや香りはやっぱりブルブル。

幻のワイン、美味しくいただくことが出来ました。

DSCF4697.jpg

今回の購入先:賢人S氏から持込寄贈

飲時:2011年02月03日
賢人とのワイン会@海老名

スポンサーサイト

第二百三十九回 ヴォーヌ・ロマネ オー・シャン・ペルドリ 2007 オーディフレッド

ヴォーヌ・ロマネ オー・シャン・ペルドリ 2007 オーディフレッド
Vosne Romanee aux Champs Perdrix 2007 Audiffredo
ブルゴーニュ ヴォーヌ・ロマネ/Bourgogne Vosne Romanee

実は今までヴォーヌ・ロマネが賢人会に出たことはありませんでした。
少なくとも、本ブログでもご紹介したことがなく。

特段意図的に避けていたというわけではなく、皆の好きな作り手だと、
おいそれと出すことはどうにも引いていたというところでしょうか。

と、そんな現状を打破するべく、出して頂いたのがこの一本。

香りは、控えめながらお華をイメージできるそれ。そして何故だか、
お茶のニュアンスも感じられたのは些か不思議な感じでした。

味わいに関しては、酸味が少しこなれていない感じですが、薄旨の、
いわゆる出汁の効いた、梅カツオ的な味わいも含んでおりました。

これから色々なヴォーヌ・ロマネを試してみたいと思わせてくれた
貴重な一本となりました。

村名ながらも、オー・シャン・ペルドリ、有名な畑ですよね。多謝。

DSCF4689.jpg

今回の購入先:同僚T部長から持込寄贈

飲時:2011年02月03日
賢人とのワイン会@海老名

第二百三十八回

シャサーニュ・モンラッシェ レ・ショーメ 2007 ミシェル・ニーロン
/Chassagne Montrachet les Chaumees 2007 Michel Niellon
ブルゴーニュ シャサーニュ・モンラッシェ/Bourgogne Chassagne Montrachet

白の二本目に、正真正銘のど真ん中。ということで、まだまだ酸味があるものの、
豊穣な味わいを醸し出す、偉大なる作り手ニーロンさんの2007。

それも、トリュフの風味を連想させてくれると噂のショーメのトリュフエール!

若いながらも、しっかりど真ん中の香りを漂わせているその一本はいわゆる、
ど真ん中のワインそのもの。惜しむべくは、やはりまだ若かったことでしょうか。

充分に美味いながらも、少し酸味が強く、バランスに少し歪みが見え隠れする、
そんなニュアンスだったかと。ただ、後5年後には丸みを帯びた凄いワインに
なり得ることが期待できる、というか絶対なるはず!なワインでした。

赤白、そして泡問わず、やっぱり飲みごろは難しいのです!

DSCF4684.jpg

今回の購入先:同僚H氏から持込寄贈

飲時:2011年02月03日
賢人とのワイン会@海老名

第二百三十三回 ブルゴーニュ 2009 ミシェル・グロ

ブルゴーニュ 2009 ミシェル・グロ/Bourgogne 2009 Michel Gros
ブルゴーニュ/Bourgogne

やはりミシェル・グロは良心の塊のような作り手です。

というのも、このブルゴーニュ・ルージュは2,000円を切る価格でご購入。

いい意味で全く雑味なく、デイリーとしてスルリと一本開けてしまえる、
若くからしっかり美味しく飲めてしまえる、極上のブルゴーニュ!!!

香りの部分は格上のワインで楽しむにしても、味わいではこのレベルを
毎日楽しめるのは幸せだと思います。

やっぱり箱買い。でも2009は長期熟成には?かも。

DSCF4635.jpg

今回の購入先:ワインショップ フィッチ

飲時:2011年01月19日
自宅ワイン会@自宅

第二百三十一回 ブルゴーニュ 2009 ユドロ・バイエ

ブルゴーニュ 2009 ユドロ・バイエ
/Bourgogne 2009 Hudelot-Baillet
ブルゴーニュ/Bourgogne

飲み始めた当初は09なのに少しばかり骨格がしっかりしている、
というか、タンニンが先に走っているかなというイメージ。

しかし、少し時間がたってからの美味しさはユドロ・バイエが
一流の作り手であると感じる一本となっていました。

タンニンと果実味がうまくまとまっていて、非常に美味しい
一本で大満足なACブルでございました。

ブルゴーニュでは中堅どころだが、一流の生産者バイエ!

DSCF4625.jpg

今回の購入先:ワインショップ フィッチ

飲時:2012年01月03日
自宅ワイン会@自宅


PageTopNext>>

BLOGER

Winekai

Author:Winekai
ワインビギナー。ですが、何か?

今は真っ白ですが、ワイン色に
染まるまで飲んだくれます。

ブロとも申請フォーム
ポチっとって憧れでした。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

RSSリンクの表示
検索フォーム

リンク
<広告>

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
ワイン通販サイト、ワイナリー和泉屋は、フランスやイタリアを始め、おいしいワインを販売します

全記事表示リンク
ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)     

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。