スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二百三十二回 ロバートモンダヴィ フュメブラン 2008

ロバートモンダヴィ フュメブラン 2008
/Robert Mondavi FumeBlanc 2008
ナパ・ヴァレー/U.S.A Napa Valley

先日に飲んだスタッグス・リープのソーヴィニヨン・ブランが
美味しかったので、比較の意味でこちらを購入してみる。

フュメ・ブランという品種はソーヴィニヨン・ブランを樽によって
熟成させた合衆国にしかない独自の表現だが、どちらかというと、
先日のスタッグスのほうしっかり樽が聞いて、トロピカルな風味が
ビンビン出ていたなーと感じました。

飲み時と好みもあるが、自分の中では、スタッグス・リープスに
軍配が挙がったということと相成りました。

DSCF4628.jpg

今回の購入先:Yahoo!オークション

飲時:2012年01月07日
自宅ワイン会@自宅

スポンサーサイト

第二百二十一回 ソーヴィニヨン・ブラン 2008 スタッグス・リープ

ソーヴィニヨン・ブラン ナパ・ヴァレー 2008 スタッグス・リープ・ワイン・セラーズ
/Sauvignon Blanc Napa Valley 2008 Stag's Leap Wine Cellars
ナパ・ヴァレー/U.S.A Napa Valley

同じ新世界だからというイメージでニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランを
イメージして飲むと少し違うと思ってしまう、そんな第一印象。

若くに抜栓したにも関わらずしっかり樽を利かせた、加えてトロピカルフルーツを
連想させる香りは非常に素晴らしく。味わいに関しては酸味は程よく、そのため、
飲み疲れを決してすることなし。新世界にして繊細な味わいを堪能してください。

それにしても、スタッグス・リープといえば、カスク23に代表されるカベルネ赤の
カリフォルニアの代表選手。と侮っていました。反省。

カリフォルニアの正統派ワイナリー・スタッグス・リープが作る白!

DSCF4557_20130113105853.jpg

今回の購入先:Yahoo!オークション

飲時:2011年11月25日
自宅ワイン会@自宅

第百四十九回 ジンファンデル ナパ・ヴァレー ムーア・アースクェイク・ヴィンヤード 1999 ターリー

ジンファンデル ナパ・ヴァレー ムーア・アースクェイク・ヴィンヤード 1999 ターリー
/Zinfandel Napa Valley Moore Earthquake Vineyard 1999 Turley
ナパ・ヴァレー/U.S.A Napa Valley

2月定例会第六弾、今までそれほど経験がないジンファンデルが登場。
それも、熟成したジンファンデルなんて、飲んでいる人ってそんなに
いないでしょう。

そのにじみ出る甘みから、またしてもグルナッシュだという答えに
導かれたのですが、そこは何かしら経験値の問題でしょうか。

それにしても、美味なる味わいでした。

色々調べてみると、90年代のターリーは素晴らしい評価ですね。
もう少し安ければセラーにて熟成させておきたいところなのですが。

熟成された一流のジンファンデル、飲む価値はありまくりです。

ターリー

今回の購入先:賢人S氏から持込寄贈

飲時:2011年02月10日
賢人とのワイン会@四ッ谷


その他第七回 ナパ・バレー散策記その6-番外編-

さて今日は番外編です。単に自己満足の世界でワインとは
何にも関係なかったりします。

それにしても、カリフォルニア、行けてよかったです。

以下の写真はL.Aにあるゲティ美術館。
実は昔から言ってみたかった場所の一つでした。

来年もしっかりマイルを貯めて旅行できればいいなって
思ってます。

usa01
usa02
usa03
usa04



その他第七回 ナパ・バレー散策記その5

散策記は番外編として明日も続きますが、本編はこの5回目で最後となります。
最後はモンダヴィがカリフォルニア・ワインの始祖であるとすると、今回の
ワイナリーはカリフォルニア・ワインの中興の祖となり得るでしょう。

カリフォルニア・ワインの世界的な地位を一躍高めることになるパリスの審判

その覇者こそ、今回ご紹介するスタッグス・リープ・ワイン・セラーズ。

この深き歴史を堪能できて本当に幸せでございました。

usa21
この扉を開けて入ると、試飲スペースがあり、非常に楽しげな雰囲気でした。

usa22
カリフォルニアの歴史を感じさせる雄々しき鹿が表現されている。

usa23
こちらはツアーではオプショナル?というかツアコンの方にワガママを言って
連れていってもらいました。

スタッグス・リープ・ワイン・セラーズが作る最高峰
カスク23 とりあえず一本は飲んでみたい逸品です。



PageTopNext>>

BLOGER

Winekai

Author:Winekai
ワインビギナー。ですが、何か?

今は真っ白ですが、ワイン色に
染まるまで飲んだくれます。

ブロとも申請フォーム
ポチっとって憧れでした。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

RSSリンクの表示
検索フォーム

リンク
<広告>

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
ワイン通販サイト、ワイナリー和泉屋は、フランスやイタリアを始め、おいしいワインを販売します

全記事表示リンク
ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)     

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。